【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法〜行政書士試験に合格する方法〜

合格返金保証付き★先着20名様★平成29年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法はどういうものなの?

 

貴方様が仮に2回以上の受験に失敗していたとしたら、受験期間が長引けば長引く程、合格から遠ざかる恐れが御座います。

 

貴方様はこの事実から目を背けることなど出来ません。どうしてでしょうか?

 

貴方様は高校受験や大学受験で「浪人生よりも現役生の方が強い」と言うお話を1度くらいは耳にした事があると思います。

 

これは紛れも無い真実なのです。私は行政書士 試験は1回しか受験しておりませんけども、痛感致しました。

 

その上、合格率と言う目に見える数字で見せ付けられました。

 

それは 「暗記に頼るから」なのです。

 

現役生は理解しながら学習を進めますので、インプットとアウトプットを繰り返し、最終的に実力がピークの時期に試験本番を迎えているのです。

 

しかしながら、受験が2年、3年と長引くと新たにインプットする知識が徐々に減少しますので、最終的にアウトプットしているつもりでも単なる暗記に頼っていて、思考能力をアップさせる事が行なえないのです。

 

過去問を解いていても、とっくに解答が分かっていますので、設問のキーワードを拾い読みして、反射的に選択肢を選んでいると思います。

 

「勉強すればする程、合格から遠ざかる」のは、これが1番の要因になります。

 

合格しない受験生はこの要因に気が付かないので、「後1年勉強したら、次は受かる筈だ」と考えてしまうわけです。

 

しかしながら、勉強すればする程、合格から遠ざかっていますので、何年努力しても受験地獄から抜け出せないと言う負の連鎖に嵌まってしまうことになるのです。

 

1回この「負の連鎖」に嵌まってしまったら、あいにくですが一人の力では脱却する事はそうそうできないのです。

 

これはとても苦しい事だと思います。

 

その上法律系の資格のケースでは、短期合格しないと、更に厄介な問題が待ち構えているのです。

 

それは「新たな判例の出現や法改正に伴う知識の修正」になります。

 

どれだけ有名な判例や出題頻度の高い法令を一所懸命に学んでも新たな判例が現れてきたり、法改正があったら、これまでの知識を修正しないとダメです。

 

更には、試験委員の入れ替わりによる試験傾向の変化、難易度の変化に対応するだけの柔軟性が求められるのです。

 

こういった問題が負の連鎖に拍車をかけ、受験生の心理に多大な負担となっているのは確かです。

 

であるからこそ私は強く言うのです。

 

「とにかく短期合格を目指して頂きたいと思います。」とまた、貴方様が今回初めて「行政書士 試験にチャレンジしたい!」と思いつつも、最初の一歩を踏み出せないでいるとしたら、下に挙げる様なやり方で、行政書士の試験勉強を開始しようとしているからではないですか?

 

勉強は纏まった時間を用意して、机に向かう。

 

取り敢えず基本書を1ページ目から、しっかりと記憶する。

 

基本書が一通りインプット行なえたら、過去問でアウトプットする。

 

間違えた部分を基本書で勉強し直す。

 

時間があったら基本書を2回、3回と初めから読み直す。

 

どうですか?違いますでしょうか?実に一般的な勉強やり方になりますが、ここには重大な欠陥があるのです。

 

どうしてかと言うと、こちらのやり方だと帰宅の遅いサラリーマンや、子育ての主婦、仕事の都合でライフスタイルが不規則な方は、纏まった時間を確保し、机に向かう事が1週間の内、半分も用意出来ないからなのです。

 

従ってインプットに時間が掛かり過ぎますから、ここで殆どの受験生が断念してしまうのです。

 

仮にやっと基本書を一通りこなし、インプットが終了したとしましても、過去問を解く時には、半分以上の知識が頭から消え去っている・・・

 

結果的に、受験生はやる気をキープ出来なくて、断念してしまいます。

 

「行政書士になるだけが人生の全てでは無い・・・」と、自分自身に言い聞かせて。

 

「それでは、どうしたら良いの?」心配いりません。

 

実を言いますと挫折のしようが無い、学習法が存在します。

 

貴方様もこれからお伝えする2つのテクニックに取り組んでこちらの学習法をマスター出来たら、効率良くインプットしながらアウトプットを繰り返す事が可能になりますから、147日と言う少ない時間であっても合格ができます。

 

残業会社員や子育て真っ只中の主婦、もしくは仕事の都合でライフスタイルが不規則な人の様に、纏まった学習時間が準備出来ない方は、隙間時間を攻略しない事には、間違いなく合格はできないのです。

 

実際に、たった147日で一発合格した行政書士の 名前は、隙間時間を攻略する事が短期合格の一番の勝因であると位置づけているのです。

 

要するに、隙間時間を攻略する事が行政書士試験を短期合格する一番の近道になります。

 

誰も伝えたがらない大事な点ですから、再度申し上げます。

 

隙間時間を攻略する事こそが、行政書士試験に短期合格する近道になります。

 

しかしながら、いい加減にテキストを開いただけでは単なる気休めでしかないですし、理解が深まる事だってないです。

 

この攻略方法を間違えてしまえば、片手間に細切れの時間を活用して学習しても、気休めにしかならないですし、とてもじゃないが過去問が解けるレベルには到達できないのです。

 

当然、合格圏内に入る事も無理だと思います。

 

最初に、「隙間時間を徹底的に攻略する」、これが1つ目のキーポイントになります。

 

そして2つ目のポイントは、「貴方様のライフスタイルに受験勉強を上手く組み入れる事」です。

 

受験勉強をライフスタイルに組み入れる事が隙間時間を攻略する事に結び付くのですから、こちらの2つは短期合格になくてはならない大事な点と申し上げても良いと思います。

 

隙間時間を攻略する事。受験勉強を貴方様のライフスタイルに組み入れる事。

 

こちらの2つのポイントをしっかりと押さえ、ある事に取り組むだけで147日と言う少ない時間で合格するだけの実力を身に付ける事ができます。

 

これらのテクニックを纏めたのが「(働きながら)147日で受かった!残業サラリーマンの行政書士 試験ラクラク勉強法」になります。

 

短期間に一発合格を成し遂げた我々が、行政書士としての信用とプライドに掛けて渾身の思いを込めて作成致しました。

 

「ラクラク勉強法」では主に行政書士 試験に合格する為の様々なテクニックを教えているのですが、資格試験を目指す方であれば誰にでも使えるやり方となっております。

 

どうしてかと言うと、隙間時間を効率良く使って、短い時間で合格圏内へ実力をアップさせる事は他の資格試験においても同様だからです。

 

「ラクラク勉強法」はその場しのぎのメソッドではございません。

 

貴方様の学習法を一から一変させます。

 

隙間時間を攻略したラクラク勉強法をマスター出来たら、どういった資格試験にも使えます。

 

従って、ラクラク勉強法で行政書士試験に合格したら、今度は、社労士、宅建、FP、中小企業診断士、土地家屋調査士、司法書士等を始めとした資格のダブルライセンス、トリプルライセンスを目標にする事だって、十分できるのです。

 

勉強法のテクニックは1回マスターしてしまったら、一生の武器になります。

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法の公式サイトはこちらから

 

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法の内容を少しだけご紹介します!

 

「合理性」を無視した「気合」による学習のマイナスポイント

 

決意表明し、合格までモチベーション(やる気)をキープさせる方法(1)学校に行って講義を受ける (2)机に向かってテキストを開き、黙読し、分からない単語は書いて覚える (3)1単元が終了する毎に問題集を解き、理解度を確かめ、復習する 実を言いますとこの方法が受験地獄の最初の一歩であった!!

 

「合格」と言う適切なゴールの目指し方

 

「合格」への道しるべは、実を言いますと破れた半分だけの地図であった! 残りの半分を貴方様に差上げます

 

睡眠時間は減らすな! 大手資格予備校で私が受けたカウンセリングの大きな弊害「暗記」と「理解」は異なるのです! 

 

「桃太郎」の物語に見る、147日で行政書士 試験に簡単に合格する為の最も基本的なこと

 

ハイスピードで合格したいのであれば、●●●●を●●しろ! 私は、わずか1日で行政書士の学習が終了しました(笑)

 

どうして「ながら勉強」が無意味なのでしょうか? 私が失敗した「ながら勉強」の実体験とは・・

 

現実に147日で合格する、タイムスケジュールはこれだ!

 

快適に開始する為の勉強形態(通学、通信、独学)と テキスト・問題集・六法の選択方法

 

選択式問題集と条文問題集の適切な選択方法

 

わずか3週間で驚くほど飛躍的に知識が深まるコツとは?

 

独学においても色々な観点から物事を捉え、応用力をアップさせる手段

 

一般知識は9月まで何があっても行なうな! 残り2ヶ月のタイムスケジュールと一般知識の攻略法

 

模擬試験を制す者は本番を制す! 一発合格した私が模擬試験を3社で4回も受けた3つの訳。ココでライバルに差を付けろ!

 

直前期をこのように生活する! ●●●●を攻略しろ! こちらを確認するだけで出題される問題が予測出来る!

 

試験当日にする、シンプルな事とは?

 

過去問は購入するな!不合格者が陥る大きな落とし穴はここにあった! 過去問で学習する2つのデメリットとは??

 

解法テクニック!間違った選択肢はこのように探せ! マニュアルの販売に関わっていた私だけしか分かっていない、選択肢の作り方から 分析した、間違った選択肢の探し方を完全攻略!

 

法令科目(択一式、記述式)、一般知識の対策法はコレだ!

 

独学者が陥る3つのワナと、その解決法。これが本年度試験の完全攻略法だ!! (最新情報をEメールにて随時ご案内させていただきます)

 

合格の明暗を左右する勉強速度を3倍スピードアップさせる為の、 ●●●●●の極意!

 

以上のテクニックをご存知ですか?

 

1つでも知らない物があったら、どれだけ素晴らしいマニュアルを買ったり、高額なスクールに足を運んでも進行中に挫折する危険性がとても高いと思います。

 

要するに、行政書士試験に受かる方、受からない方の異なるところは行政書士試験で短期合格するテクニックが分かっているか、分かっていないかの違いだけだと言えます。

 

わずかこれだけの事を存じ上げているだけで、合格する確率が劇的に上がるとしたら、知りたいと思わないでしょうか?

 

まず、インプットのやり方が画期的ですけど、現実に模擬試験や過去問でアウトプットすると手応えを感じますので、改めてこちらの勉強法の凄まじさを感じると思います。

 

毎年、本試験終了後、教材購入者から、「自己採点をしたところ、択一だけで合格ラインを突破しております!」と言う嬉しい悲鳴と、年明けの合格発表直後から、合格の報告が尽きません。

 

貴方様も「たった147日で、行政書士試験に合格した!」などという、嬉しい悲鳴を上げる事が可能になります。

 

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法の価格について

 

さて、忘れてはならないこちらのテクニックのお値段は、幾らが妥当だと思いますか?

 

余談ですが私は大手資格スクールに足を運びましたが、25万円位の費用が必要でした。

 

これはスクールの中でも安い方だと思います。

 

他の資格スクールを見ますと、30万円前後の料金が必要です。

 

その上、行政書士の平均年収は1,000万円以上とされているのです。

 

当然、飽くまでも平均なので、貴方様の実力によっては、それよりも稼ぐ事だってできます。

 

加えて、こちらのテクニックは行政書士の受験生向けに記されているのですが、憲法・民法等といった特定の法令の学習方法の教材では御座いませんから、行政書士の資格以外にも、応用する事無く、そのまま使用出来るテクニックです。

 

従いまして、社労士・宅建・FP・司法書士・中小企業診断士・土地家屋調査士等のダブルライセンスやトリプルライセンスも十分実現可能です。

 

これほどのテクニックを将来我々の同業者でありライバルになる貴方様にリスクを負ってまでご提供するのですから、はっきり言って、50万円でも安過ぎると感じております。

 

しかしながら、既に3年も4年も、いえ、それよりも長期間に亘り受験地獄から脱出出来ない人や、不安を抱えて1歩も踏み出せない貴方様に、50万円もの投資を強いるのはやっぱり経済的な負担が大きいだろうと考え、我々は検討に検討を重ねてきました。

 

既に、学校や通信教育に数十万円も費やして挫折している人も多いと思います。

 

我々の一番の目的は、貴方様に1日も早く合格し、専門家として羽ばたいてもらう事なのです。

 

そこで、我々は大きな決断を致しました。貴方様の手が届くお値段でご案内する事にしました。

 

こちらのテクニックを・・・今だけスペシャルプライス、3万2,000円(税別)で販売させて頂きます。

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法の公式サイトはこちらから

 

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法の良くある質問について

 

本年度の試験に対応しているのでしょうか?

お渡ししている教材は「短期合格する為の効果的な勉強法」になります。

 

適切な勉強法は毎年コロコロ変わる訳では御座いませんから、いつでも、毎年の試験に対応できます。

 

確かに法令の改正や新しい判例、試験制度の変更、試験傾向の変更、試験の難易度の変動に伴い基本書や予想問題集は最新の試験に対応したマニュアルが必要だと言えます。

 

しかしながら、私がお渡ししている教材については基本書等のマニュアルでは無く、飽くまでも勉強法です。

 

年度に関係なく十分対応可能なテクニックですから心配しないでご使用頂きたいと思います。

初学者で法律の知識が全然無いし…。 こんな私であっても短期合格可能なのか不安だなぁ。

勿論、問題ないですから心配いりません。

 

短期一発合格した坂庭も石井も一切法律知識が無い初学者だったのです。

 

また、合格者の大半が「法律知識ゼロ」からのスタートになります。

 

「法律事務所で働いている」「かつて、司法試験の勉強を行っていた」「学生時代は法律の勉強を行っていた」と言う人の方が珍しいと思います。

 

そうであっても、行政書士の試験は短期一発合格が出来ますので、心配いりません。

 

また、「偏った自己流」や「誤った学習法」を始める前の方が、テクニックを吸収し易いのが本当のところなのです。

 

従って、可能な限り早急にちゃんとした勉強法、合理的なテクニックをもち一緒に最短の合格を目指して下さい。

ライフスタイルが不規則で勉強する纏まった時間が準備出来ませんが、それでも問題ない?

問題ありません。合格に求められるのは、「纏まった勉強時間」では無く、「徹底した隙間時間の攻略」になります。

 

特に、残業会社員や家事と育児で多忙な主婦、昼勤と夜勤の交代制等、仕事が大変で、纏まった時間を準備出来ない社会人こそ、隙間時間を効率良く使う事が、短期合格をもぎ取るコツになります。

 

また、「オリジナル勉強法」はご購入者からライフスタイルをお伺いして、全てその受験生に合う助言を行なっています。

 

貴方様のライフスタイルを伝えて貰えたら、個別の回答を差し上げますから、貴方様だけの学習スタイルを作り上げる事ができます。

他のマニュアルや市販の本と、どのような違いがあるの?

勉強スタート時のインプットのやり方と時間の活用方法が全く違うところになります。

 

また、市販の書籍や他のテクニックでEメールサポートや毎月の限定特典等をつけた物を見掛けたことがありません。

 

「市販の書籍を購入してから疑問点を著者にじかに聞いてサポートを受けることが出来る」もしくは「毎月、この時期に不可欠なテクニックや注意事項が特典で頂ける」というものも余りないと思います。

 

加えて、「改訂版を毎年、無償で配布している事」も他とは違う大きなポイントではないでしょうか。

 

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法を実践された方の感想

 

ワラをも掴む思いで購入し今回合格しました!

 

私が行政書士を目指そうと考えたきっかけは、漠然とではありますが、現職の退職後小資本で独立出来ると考えてです。

 

昨年、一昨年と不合格となってかなり失礼な表現になりますが、「ワラをも掴む想い」で購入し、この度受かりました。

 

教材を購入する前は、後一押し、詰めの甘さ、記述においての正確性で頭を悩ませておりました。

 

教材を買って取り組んだ感想は、即時に効果は期待出来ないのですが、現実に行なうと「達成感」「基本の大切さ」を感じ取れます。

 

教材に取り組んだ手応えと成果ですけど、漠然とした不安感、焦燥感、孤独感が少なくなる。

 

心の安定化の助けになると思います。

 

合格発表は、試験センターのホームページを見る勇気が無く、メッチャバクバクで、番号チェックして、茫然としておりました。

 

落ち込みそうな方、スランプの方にこちらの教材をお勧めしたいですね。

 

これからの夢や目標ですけど、私は、来年60歳定年を迎え、悩ましき処です。

 

さしあたって開業に向けて粛々と準備だけは整えていくつもりです。

 

考えたら去年「まさしく、ワラをも掴む想い…」とかなり失礼なご連絡を致しまして、本当にスミマセンでした。

 

坂庭様、石井様からの励ましメールに対して返信も真面目にしなかったのですが、メールからは「温かい」励ましの想いが伝わっていました。

 

その「励まし」の便りの底には、「自分自身に負けないで!」のメッセージを感じる事が出来たのです。

 

今後も、私みたいなメゲソウな受験生に対して、「温かい」「励まし」指導を行なって頂きたいと思います。感謝しています。

自分の番号を見た瞬間はまずほっとしたというのが正直な所です!

 

法律の勉強を纏まった形で行ないたかった事と、定年を4年後に控えて、キャリアのバリエーションを増やしたかった事が行政書士を目指す直接のきっかけになります。

 

現在持っている資格、に法律系の資格を持つ事によって相乗効果も期待して行政書士の受験を決断致しました。

 

教材を買う前は、通信教育を活用していたのですが、使うべき教材が不足しているのではないか、スケジュール管理とやる気維持に不安がありました。

 

教材を手にして実践した感想ですけど、最初に、実践的、具体的であると思いました。

 

また、自分自身がこれまでに行なっていた事に関してこのやり方は間違っていなかったと言う事と、反対に「この様な事を考えて実行した方が良かったのか」と言う事が両方ありましたから、自信と危機感の両方を味わいました。

 

一番目を開かされたのは、様々な問題集を活用して何度も問題を解くと言う事でした。

 

これまでの資格試験の中で、確実に一番問題を解く量がたくさんあり、その甲斐あって本番においても自分自身の持っている力を可能な限り発揮出来たのです。

 

合格した瞬間の感想になりますが、自分自身の番号を目にした瞬間は、最初に安堵したというのが本当の所です(笑)。

 

これで、サポートしてくれた女房に顔向け出来るとすぐさまメールを送りました。

 

こちらの教材は、真面目にやる気はあるが、何をどういった順序、タイミングで行なったらベストなのか疑問に感じる人、とにかく多忙だから効率良く勉強を行ないたい人に役に立つでしょう。

 

これからは、若いベンチャーのサポートと、自分自身みたいな、会社員の起業による自己実現の支援、また経済的・時間的自由を手にする事が目標です。

 

石井先生、坂庭先生のお陰で、これまでの資格試験の中で最も満ち足りた受験期間を送る事が出来、結果も残す事が出来ました。ありがとうと言いたいです!

 

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法販売者からのメッセージ

 

貴方様の大切なお時間を割いて、ラストまでお付き合い頂きまして、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今だけ25万2,000円相当のスペシャル特典を差し上げます。

 

しかしながら、毎月先着20名様限定(年間多くても200名様限定)ですから定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。

 

それ以後のお問い合わせはお控え頂きたいと思います。

 

加えて、今だけ、合格返金保証としまして、教材購入代金を全額返金させて頂きます。

 

貴方様が100パーセントでぶつかって来たなら、我々は120パーセントでお返しさせて頂きます。

 

後は貴方様が1歩踏み出すか否かになります。

 

既に次年度の行政書士試験合格を目指す受験生は教材を買って、取り組んでおります。

 

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法の公式サイトはこちらから